2016年8月26日 (金)

PCデポ東急不動産不買運動

PCデポ東急リバブル東急不動産不買運動を優待しよう。日本海賊TVでマツコ・デラックスの東急酷評を取り上げた。マツコ・デラックスは庶民派である。東急のハリボテ感を嫌ったのではないか。東急は毎週突っ込まれる事件が起きている。
日本海賊TVではPCデポ問題も取り上げた。消費者教育に関係する問題である。高齢者に不要な契約を売り付けた。解約しようとすると解約料二十万円を請求された。問題ある契約が多い。ハードディスク5テラで販売していたが、4テラはクラウドサービスであった。

2016年8月25日 (木)

PCデポ東急不動産だまし売り

PCデポと東急不動産だまし売りは共通する問題である。PCデポは認知症高齢者に高額契約結ばせ、20万円もの解約料を請求した。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。どちらも消費者無視である。東急グループでは東急百貨店も認知症の高齢者に次々販売をした。PCデポと東急は、お友達である。

2016年8月23日 (火)

二子玉川ライズ不買運動

二子玉川ライズ不買運動 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
楽天は二子玉川ライズに本社を移転してから変な商売になった。返品対応が糞と批判される。不良品だったから、店にクレーム入れて返事がないから楽天にメールしたが、「安心サービス、適応出来ません」で終わり。理由を尋ねても「お答えできないことになっています」。全然安心サービスになっていない。
楽天市場のあのごちゃごちゃしたデザインにはウンザリする。一度我慢してじっくり見ると、そのレイアウトがローカルテレビでよくやる健康食品一社提供の30分通販番組と同じ流れになっている。テレビを見る人は通販番組のノリでないと購入意欲が湧かないのかもしれないが、ネットメインの人は楽天市場のノリは回りくどく感じる。

FJネクストのガーラ木場新築工事の工事騒音は住民無視である。8月22日から外溝工事が始まった。ガチャガチャガチャバッシーン、バチッバチッバチッバチッズドドドドド、バッチャーーーーーーン!!!!!!!!!!!人を蹴るのを何とも思わないタイプなのだろう。

[悪徳不動産]
[FJネクスト不買運動]
[悪質マンション]
FJネクスト評判口コミ - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01GBQW6N0
Reputation of FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01GBQW6N0

2016年8月22日 (月)

FJネクストは変な商売

FJネクストは変な商売 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
マンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設のFJネクストや危険ドラッグ販売の吉野健太郎は変な商売である。悪徳不動産営業や危険ドラッグ犯罪者は一般人とは異なる。恐ろしいことをやってのける変態的な存在である。この手の会社に正社員となることは勇気がいる。
執行猶予中の危険ドラッグ犯罪者が江東区東陽のガーラ木場周辺を徘徊する可能性があるので気を付けよう。吉野健太郎の変な商売で検索しよう。
危険ドラッグ犯罪者のような成金趣味は時代遅れである。若者の「モノ離れ」が進んでいる。独身・年収1000万円でもマイカー興味なし。「買わずに済ます」生活が加速している。

ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動
https://youtu.be/ocAgu77Gb-E
[悪徳不動産]
[FJネクスト不買運動]
[悪質マンション]
FJネクスト評判口コミ - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01GBQW6N0
Reputation of FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01GBQW6N0

サンカ生活体験記

矢切『サンカ生活体験記』は日本の謎の民サンカについての研究書である。しかし、本書はサンカという特殊な集団に特化したものではなく、日本史を語るものになっている。それも歴史教科書に書かれた歴史を正とするならばトンデモに属する内容である。それでも本書には頭ごなしに否定できない面白さがある。
私の少年時代には前田慶次郎を取り上げた漫画『花の慶次』が大人気であった。その原作者の小説『影武者徳川家康』も人気であった。

東急不動産だまし売りは強欲、無謀、無法な行為である。東急不動産グループの東急コミュニティーにマンション管理をさせることは狐に鶏小屋の番をさせるようなものである。企業は自然人と同じ憲法上の権利を持たない。
東急不動産・豊島区長崎三丁目計画反対運動
http://hayariki.net/nagasaki.html

2016年8月20日 (土)

FJネクスト迷惑電話

FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト不買運動は手を緩めない。人前に出る度に、ほぼ毎回、FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設を批判する。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設を大目に見てしまったならば、日本社会は極めて深刻な事態に陥ると心から思っている。
マンション投資は業者の餌にしかならない。FJネクストは色々と駄目過ぎる。FJネクスト問題を一つでも解消出来たなら、少しは今より良い社会になる。
FJネクストと同じくペット引き取り屋は反社会的である。動物にも心はあるからね、窮屈な檻の中で不安そうにしている状態を見ると此方も鬱になる。

2016年8月19日 (金)

FJネクスト迷惑電話

FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は有害な行為である。ワガママで、残酷で、道徳に反する。自分の時間をFJネクスト迷惑電話で無駄にしたい消費者はいない。
新築ワンルームマンション建設は、日本のリソースの無駄遣いである。まだ若者に一戸建てを供給した方が良い。詐欺としか言いようがない。
FJネクスト迷惑電話は人の時間を無惨に踏み潰して起きながら、それを心の痛みにすることはない。FJネクスト迷惑電話は新たな不幸を、そして怒りを作り出す。FJネクスト不買運動は正直で率直であり、自ら正しいと信じることのために闘っている。

東急不動産・豊島区長崎三丁目計画反対運動
http://hayariki.net/nagasaki.html

2016年8月18日 (木)

鳥越俊太郎候補の敗戦の弁

この清々しさと真逆の印象を与えるものが、東京都知事選挙における鳥越俊太郎候補の敗戦の弁である。それなりに昔はまともだったが、今の日本はどうしようもないというものである。しかし、昭和の日本が良かった訳ではない。昭和にはブラック企業という言葉はなかったが、今の基準ではブラック企業に相当する企業は珍しくなかった。パワハラという言葉はなかったが、今の基準でパワハラに相当する行為が横行していた。甲子園の悪習のように21世紀に残る昭和の悪癖を根絶することは社会を変えたいと思う人々の課題である。鳥越候補は有権者から見てピント外れであったが、一番のピント外れは昔と比べて今を否定する姿勢ではないか。甲子園でエースが温存されるように世の中は昭和と変わってきている。

ハンニバル戦争

『ハンニバル戦争』は第二次ポエニ戦争を描く。
ガリア戦争やアルビジョア十字軍などで敗者を描いてきた著者には珍しく勝者の側であるスキピオが主人公である。スキピオはハンニバルの弟子というエピソードは有名である。スキピオがハンニバルの弟子になろうとした本書の心理描写が面白い。
ハンニバルと言えばアルプス越えが有名であり、兵士に不可能事も可能と思わせるカリスマ指導者というイメージが強い。これに対して本書はハンニバルを優れた作戦を立案することで兵士には楽をさせる指導者と描く。
これは新鮮な見方である。このような見方は著者の独創性であると共に、現代日本の望ましい指導者イメージの変化を反映していると考える。昭和のモーレツ体質がブラック企業とバッシングされるようになった。根性論の権化のように見える高校野球でさえ、今年の夏は複数のチームでエース温存という戦術が採られた。その結果、チームは敗北したが、それでもエースの負担を軽くすることを優先させた。もはや根性論で引っ張るリーダーは時代遅れである。

FJネクスト不買運動

FJネクスト不買運動 FJネクストは、どれだけ憎んでも憎み足りないほどの業者である。FJネクストは弁解の余地なく卑劣である。FJネクスト迷惑電話に同情などしない。共感を覚えることもない。不正で卑劣な悪徳不動産業者を憎まないではいられない。その悪に報いないではいられない。

歴史認識の一致までも相手に要求することは相手に対して高いハードルを求めることになります。そこまで相手に頑張らせることが望ましいかということです。ブラック企業のパワハラ親父のような印象を受けます。
ここでは相手を正当に評価された上で、もっとより良いところを目指すためのご意見と善意に受け止めています。問題は左派左翼には相手の主張を理由も述べずに頭ごなしに否定して自分の意見だけを押し付ける左翼教条主義者がいることです。左翼に対する世の中の否定的評価は、この左翼教条主義の偏狭さにあります。